O.S.S. Official Site

TIGHTBOOTH PRODUCTION が発行している「ER」マガジン 最新号! 【メール便可 / 送料160円】 ER MAGAZINE NO.14 2018

型番 tbpr-mag-014
販売価格 648円(税込)
購入数

 275mm × 205mm 無線とじ
132ページ
「こちらの商品はメール便 (送料160円) での配送が可能です。」


注意点
※メール便での配送の場合、基本他の商品との同梱は出来ません。 ※ただし、アクセサリー雑貨・小物 (例えばエアーフレッシュナー等) などで厚みのないメール便で送れるサイズの商品であれば同梱は可能です。
その他詳細はお手数ではございますが、お問い合わせください。


【ER MAGAZINE NO.14 2018】

「TIGHTBOOTH PRODUCTION」が発行している「ER (イーアール)」マガジンの最新号になります。

発売日 - 2018年8月10日 (金) 発売

判型 - 275mm × 205mm 無線とじ (総頁数 - 132ページ)


【説明】
表紙を飾った関西若手トップランカー熊谷一聖のスケーターインタビュー、巻頭22ページにおよぶ現在最前線で活躍する 若手スケーター特集、 ANTIHERO のイーグルロゴの生みの親トッド・フランシスのアーティストインタビュー、 Thrasher の人気コンテンツ「Atlantic Drift」のジェイコブ・ハリス、年齢差20数歳と離れた2人のスケートボーダーに同じ質問を投げかける新コーナーにはジェイソン・アダムスとベン・コップルで比較。
LENZII での楽曲提供からその仲を深めていった2人の奇才、 KILLER-BONG と上野伸平に NAGAN SERVER を交えて開かれたルーフトップ座談会、ビデオインタビューでは、同時期にリリースが重なった DORCUS と COLOR COMMUNICATIONS 、その他、グラビアページなど読み応えのある一冊です。


Feature [SOCIAL GENERATION]
SNS の浸透もいよいよ極まりつつあるような昨今。
スケートボードのシーンにおいてもそれは全く例外ではない。
世界中のスケートトピックがタイムラインを刻一刻と埋め尽くし流れる。
毎日のように新たな猛者が出現する。
急速で膨大な情報の渦の中で、しっかりと名を刻んでゆく。
今とこれからをきっと担う若者たちから目を離すことは出来ない。


SKATER INTERVIEW [ISSEI KUMATANI]
adidas skateboarding より発表されたジャパンチームによるクリップ「The Splits」はかねてより高くあった評価をより確固たるものに押し上げた。
フットワーク軽く、全国を駆け巡る撮影の日々。
関西若手トップランカーの域を超え、いまやその名は全国に轟く。
熊谷一聖の現在地。


ARTIST INTERVIEW [TODD FRANCIS]
DLX の設立から4年後にはグラフィックデザイナーとして働いていた Todd Francis 。
その昔はヴェニスビーチでナタス・カウパスらと共にスケートボードをしていたという。
アンタイ・ヒーロー、リアルなどの初期のグラフィックデザインを支え、その時からの仲でもあるキース・ハフナゲルのブランド HUF の原宿店オープンに合わせての来日の際に話しを聞いてみた。


CINEMATOGRAPHER INTERVIEW [JACOB HARRIS]
Thrasher Magazine の Web で人気コンテンツ「Atlantic Drift」を担当しているロンドン在住のジェイコブ・ハリス。
雰囲気のある映像編集や構成で評価の高い ISLE Skateboards の「Vase」を作ったフィルマー。


BANK TO BANK 失われた20年 [JASON ADAMS × BEN KOPPL]
ジェイソン・アダムスとベン・コップル。
全く接点の無いようでなんだか近い感じがする年齢差20数歳と離れた2人のスケートボーダーに同じ質問を投げかけてみた。
その年代その年代でしか思わない考えなのか、はたまたスケートボーダー特有の感性なのか点と点が線となるようなシンパシーを感じる。


ROOFTOP CHILLN’ [KILLER-BONG × TIGHTBOOTH]
LENZII での楽曲提供からその仲を深めていった2人の奇才、 KILLER-BONG と上野伸平。
さらに、上野の朋友でもある NAGAN SERVER を交えて開かれたルーフトップ座談会。
スケートボードのことから音楽、デザイン、今季イチオシのコラボアイテムのことまで話は尽きない。
ほんの一部だが、彼らの脳内が垣間見えた気がする。


VIDEO DORCUS [FRONT LINERS] COLOR COMMUNICATIONS [TONE]
スケートボード映像作品をリリースする国産ブランドが珍しくはない昨今。
これまでの大作が同時期にリリースが重なったことは今までにあっただろうか?
良いタインミグで大阪にて試写会があったので両作品のキーマン達に試写会前夜に話しを聞いてみた。


その他のコンテンツ
[PROOF] グラビアページ [PRODUCT] [Roll in Paradise] JARHEAD


【ER (イーアール) MAGAZINE】
スケーターを中心に、フォトグラファー、ビデオグラファー、ペインター、ラッパー等、様々なアーティストをフューチャーし、 TIGHTBOOTH PRODUCTION 独自の目線や切り口で「スケートボード」「アート」「ミュージック」等のサブカルチャーからメインカルチャーまで情報をアウトプットするマガジン。

名前の由来は「SKATER」「PAINTER」「RAPPER」等「〜している人達」の語尾につく「ER」から命名。

アイテムサイズ

サイズ 275mm × 205mm 無線とじ
採寸方法については[ こちら ]をご確認ください。

アイテム詳細

素材 132ページ
原産国 日本